釜山展示会3日目、最終日。
宿泊も4日目となり、最後の晩餐でした。
ソウルから、関係会社の社長が来られ、3名での食事となった。

社長『何を食べたいですか??』
私『あわび粥♪』

海雲台の市場近くの海鮮通りに、
客引きするおばちゃんが、店を出てきては声をかける。
そんな通りがあるんですが、
呼び込み、あれ、けっこうキライです。

結局、「紅島」というお店に入り、
海鮮鍋を注文。もちろん、あわび粥も頼みました。

あわび粥(ジョンボッジュク)は、これです↓

DSC06175.jpg

あわび粥はあっさりしていて、美味しかったです。
もうちょっとアワビがど~~~んと入っていたら、インパクトあったんですが。
お値段は、9,000ウォン。日本円にしたら、671円って言ったら安い。
肝と一緒に煮込むので、黄金色になってます。
お店によっては、この肝の濃厚さが、味の勝負になるんじゃないでしょうか。

滋養強壮に良いといわれるあわびは、宮廷料理に欠かせなかったそうです。

ルミちゃん、
このあわび粥、店によって味が違い、奥が深そうよ。
南浦洞の「済州家(ジェジュガ)」は、オススメらしいです。
機会あれば、是非!!


それと、海鮮鍋はこちら↓

DSC06154.jpg

これ、見た目以上に辛くないんです。
色んな海鮮の具が入っているので、コクのある味。
締めは、うどんじゃなく、インスタント麺で仕上げました^^♪

DSC06163.jpg

めちゃくちゃでかいチヂミを食べて、
大満足な4日間の釜山料理となりましたとさ(^^)v

DSC06169.jpg


店名:紅島


ブログ更新の励みになります。
ポチッっと押して下さい♪

      ↓  
  
釜山宿泊3日目の晩、
展示会で疲れも出てきて、焼肉でも食べて精をつける!!

焼肉の美味しいお店を韓国のスタッフに調べさせたら、
『海雲台グランドホテルのすぐ近くに美味しいお店がある』
と言う事で、元気をもらいに行ってきました^^

DSC06111.jpg

僕的には美味しく頂いたんですが、
現地スタッフに聞くと、評価的には10点満点中4.5点(笑)
日本人からみたら、十分な豚の三枚肉(サムギョプサル)だと思います。
ただ、ソウルにある「黒豚家」は、済州島の黒豚で、あれは確かに旨かった。
まぁ、あんなの食べてしまうと。。。分かる気がするが。

DSC06129.jpg

次に、当店で人気メニューのキムチチゲ。
この評価は、10点満点中7.5点と大満足。
これは相当旨かったみたいです(笑)
お腹いっぱいじゃなかったら、ご飯2杯いけますって。

食べれば食べる程、辛くなっていくキムチチゲ。
その名のとおり白菜キムチが味の主体で、
具には肉類または魚介類、野菜、豆腐などが使われて後を引く味でした。
所謂、辛口の鍋料理・スープ料理です。

DSC06114.jpg

DSC06117.jpg

二人で、
・三枚肉4人前
・キムチチゲ1人前
・ご飯1人前
・瓶ビール2本
・韓国焼酎1本
・コーラ1本
で、48,000ウォン。
日本円で、3,580円。
安っ!!(笑)


店名:青春食堂(チョンチュンシックダン)


ブログ更新の励みになります。
ポチッっと押して下さい♪

      ↓  
  

今日の昼、
BEXCO展示会場のセンタムシティ駅の近くにある
新世界のフードコートで食事をした。

釜山生まれの風物詩でもあるミルミョン(밀면)。
ミルミョンとは、、、
小麦粉(ミルカル)を原料として作った麺(ミョン)を使った冷麺の事。

DSC06144.jpg

韓国を代表する食べ物として冷麵(ネンミョン)がありますが、
そば粉やイモを使った麵に対して、
ミルミョンは、小麦粉が主原料。

「平壌」の冷麺(冷麺は平壌が発祥地)を再現しようとし、
当時食料不足のため
手に入りにくかった冷麺の材料のジャガイモやソバ粉の代わりに、
アメリカからの援助物資だった小麦粉を代用してできたのが、
ミルミョンの始まりと言われています。

麵以外は、冷麵の味と一緒ですね。
これはこれで、美味しかったです♪
汁ありと汁なしがあります。


サイドメニューとして、
韓国の餃子、蒸し餃子(マンドゥ)です。
写真の見た目以上に、これデカイですよ。

DSC06147.jpg

デパートのフードコート、
結構美味しくて侮(あなど)れないです(驚)


DSC06138.jpg


ブログ更新の励みになります。
ポチッっと押して下さい♪

      ↓  
  

釜山出張2日目の晩、
早速、展示会の疲れが出て、元気なし。
食事して解散して、ホテルに帰りました。


JR九州高速船㈱が出版している「Beetle Busan Book」が、
博多港フェリーターミナルで販売。
300円だったので、購入してみたんですが、
今回はそこに掲載してある店で食事でした。

DSC06085.jpg

「元祖ハルメクッパプ」というお店で、
52年前から海雲台バスターミナル前で営業する老舗クッパプ専門店。
(クッパプ=汁飯)
日中は常に満席に近い状態らしく、人気店です。

24時間オープンで気軽に入れるお店です。

DSC06088.jpg

店内が落書きだらけ。
それとTV取材があったという写真が何枚か飾ってあって、
韓国・日本の有名芸能人が食べに来たという写真やサインが沢山あったり。

DSC06082.jpg

牛骨スープに、野菜と肉が入って、雑炊のような料理。
見た目以上に、そんなに辛くなく、日本人向けの味でした。

今回食べたのはソコギクッパプ。

一人前、3,500ウォン。
日本円でいったら、260円。
めちゃっ、安っ!!(驚)

二人で食べに行って、瓶ビール2本頼んで、
13,000ウォン。
日本円で、965ウォンか(笑)
安つきましたわ^^♪

DSC06091.jpg


ウォンで払うと、
数字のケタで、なんか沢山払っている様な気がしますf(^^;;)


店名:元祖ハルメクッパプ
電話:051-746-0387


ブログ更新の励みになります。
ポチッっと押して下さい♪

      ↓  
  
今日の昼は、
HOME PLUSというスーパーマーケットのフードコートで食事を済ませました。
展示会2日目。私と現地の計2名。
かなり、バタバタです。
時間が無かったので、簡単に済ませましたが、
せっかくなんで、ローカル料理を頂いてきました♪

DSC06105.jpg

この黒い食べ物、「スンデ」と言います。
豚の腸に、もち米や春雨、豚の血、野菜などを詰めてゆでた韓国式の腸詰め。
韓国では、トッポッキと並ぶ程の屋台の定番料理なんですんで。
あっ、なんですって(笑)
独特のもちもちした食感で、なんとも言えない食べ物でした。
日本人には、ど~なんでしょうね(><)
目の前で、長~~い腸詰めを、ハサミでチョキンチョキンって。
これも、ちょっと引きました(爆)

DSC06102.jpg

こちらの食べ物は、皆さんも知っているトッポッキですよね。
モチモチした食感が特徴のうるち米で作った棒状の韓国餅を、
コチュジャンベースの甘辛いたれで炒めた料理。
トックは「餅」、ポッキは「炒めたもの」という意味です。

DSC06108.jpg

これは、韓国のそばだそうです。
料理で使うキムチは、
ちょっと酸っぱ辛い方が、イイ味が出るらしいです。
(現地人曰く。。。)


韓国の社員から、
『韓国料理を色々と挑戦されますよね』って、感心されましたが、
韓国まで行って、日本料理食べてもねぇ~~~。


ブログ更新の励みになります。
ポチッっと押して下さい♪

      ↓  
  
今回は韓国出張と言っても、
ソウルじゃなく、釜山に居てます。

釜山で展示会があるので、
ソウルに関係会社があり、
本社部門から私が参加しているんです。

早速、ソウルの社員に釜山の名物を聞いた中で、
うなぎが有名と言うので、初日の晩、早速行ってきました^^

DSC06023.jpg
 ▲ 三人前から

この料理、コムジャンオ(꼼장어)と言います。
メクラウナギ科の魚類だそうです。
最初、かなりインパクトがあるんですが、
生けすから取り出したうなぎをさばいて、
鉄板の上で焼く。
その時、ウニョウニョと動く、皮を剥いだうなぎの姿にビックリ(><)
結構激しく動くので、食欲が失せかけました(笑)

DSC06026.jpg

動画を撮ったんですが、アップするのやめます。。。
ちょっと、蛇っぽかったかな。。。食べた事ないけど。

でも、
コチュジャンベースのソースに絡めて、
炒め煮する料理で、コチュジャンの強さとニンニクの匂と、
コリコリしたうなぎが旨かったです。

DSC06043.jpg
 ▲ 二人前

この後は、
ご飯を混ぜて、食べる。
韓国の海苔も入っていて、これも旨い。

DSC06044.jpg

そうそう、これです(笑)
いけすに入ったうなぎとは。。。

DSC06047.jpg

店外で、おばちゃんがうなぎをさばいています。
ここは、芸能人も来る人気店です。
結構、人もいっぱいで回転が良かった様に思います。


今回、コムジャンオを頂いたお店は、
海雲台市場の通りにあるコムジャンオ専門店でした。


そして金額は、
二人で、
コムジャンオ三人前、
ご飯二人前、
瓶ビール2本で、
29,000ウォン。
日本円で、2,164円
安っ!!


ブログ更新の励みになります。
ポチッっと押して下さい♪

      ↓  
  
10月に行った韓国出張時の事。
カンナム市内のホテル近くに自家焙煎と書いてあった看板があったので、
お店に入ってみた。

DSC05331.jpg

cavehaneというカフェ屋さんでしたが、
落ち着くお店の雰囲気で、カフェラテ美味しかったです。
ついでに、ニューヨークチーズケーキも頼んでみたりして♪

カフェラテにニューヨークチーズケーキ10,000ウォン。
日本円にしたら、728円。

韓国には、沢山のcafe shopチェーン店があります。
石を投げたらcafe屋に当たるぐらいに。。。
この表現は決してオーバーじゃないんです。

DSC05323.jpg

独自性を持ったcavehaneの店作りは結構好きでした。
ただ、もう一度行けと言われても、、、行けないかな(笑)

DSC05356.jpg

水出し珈琲も美味しそうでしたので、パシャっと撮って見ました。
水出し珈琲って、水で抽出したコーヒー、
ダッチ・コーヒー (Dutch Coffee) とも言うんですね。

DSC05341.jpg

さぁ、今日から釜山か。。。
今週もハードな1週間だな(><)

DSC05321.jpg


  cavehane名刺


ブログ更新の励みになります。
ポチッっと押して下さい♪

      ↓  
  
韓国2日目の晩、
タッカルビを頂きました♪
場所は、江南(カンナム)なんですが、お店の名前は、、、
。。。忘れた^^;

そのタッカルビは、
「タッ」は鶏を「カルビ」は「あばら骨」をあらわし、
「骨のまわりの肉を食べる鶏料理」という意味合いがあります。

DSC02189.jpg

鶏肉と野菜に、甘辛いコチュジャンをベースにしたタレをかけて、
鉄板の上で炒めて食べます。
鶏肉は、目の前でぶつ切りに切って、食べやすくしてくれます。

DSC02210.jpg

トッピングで、餅(トッポギ)やサツマイモの具を注文し、
麺を頼むとバッチリ^^♪
サツマイモが栗みたいに甘~~~~くて、美味しい。
タッカルビ自体、結構辛いので、サツマイモの甘さが口の中で、
ハーモニーとなって、辛さを和らげてくれます。

DSC02213.jpg

最後に、残り少なくなったところで、チャーハンにして食べる。
石焼ビビンバみたいな感じで、めちゃくちゃ旨かったです。
鉄板で焼いているので、おこげも出来るし最高でした(*^^*)
あっ、韓国のりが、ちょっとした隠し味っぽくて、イイ感じやったなぁ~~。

タッカルビは、後を引く、旨さでした。
韓国に行ったら、また食べたい一品です。


店の名前を調べなあかんねf(^^;)
韓国出張初日に、
済州島産の黒豚が味わえる「黒豚家(フットンガ)」というお店で、
黒豚オギョプサルを頂きました♪
確か場所は江南(カンナム)にある店舗で食事したはず。
その近くに、サムソン本社ビルが3つ程そびえ立った所に店舗がありました。

DSC02161.jpg

超肉厚ジューシーで、肉の甘みがあって、めちゃめちゃ旨かったです(><)

ところで、
黒豚オギョプサルとは、
バラ肉を中心に皮からカルビまでをとった豚肉、
またはその豚肉を用いた焼肉の事です。
オギョプサルの、
【オは数字の5、ギョプは層、サルは肉】という意味を表します。

DSC02176.jpg
  ↑
そしてこの味噌ダレみたいなのは、名前を忘れちゃいましたが、
味はイカの塩辛というか、ホタルイカというか、そんな珍味みたいな味がして、
ちょっとクセのある味でした。韓国焼酎によく合います。
個人的には嫌いじゃなかったんですが、唐辛子が入って、ピリ辛。

きれいなお店で、お肉も美味しくオススメのお店です。
韓国に行かれたら是非行ってみた下さい♪

DSC02182.jpg


黒豚家明洞店舗はこちら↓
http://www.blackpig-korea.jp/

PAGETOP