fc2ブログ
ある会社の話です。社長がライバル社のシェアを奪えと命じたところ、第一営業部と第二営業部の二人の部長が全く違ったアプローチで、部下にハッパをかけたそうです。

第一営業部長は、数々のデータをもとにしてたっぷり30分、戦略を説明しました。

第二営業部長の訓辞はたったの1分程度。「今回はオセロ作戦でいきましょう!とにかく担当エリアでライバルに奪われたシェアをひっくり返してください。頼みましたよ」と、メモも不要なほどのコメントだけでした。

二ヶ月後、シェアを取り戻したのは第二営業部。

シンプルなメッセージほど、よく伝わるという好例である。


どうしても、時間たっぷり使って、戦略を組んでしまいますが、考えさせる事が一番ですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP