上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC03330.jpg

何回も行った事のある熊本城。
改めて、お勉強です♪

熊本城は、
日本三名城の一つであります。
(他、名古屋城、姫路城)

DSC03342.jpg

加藤清正は、
1591年から千葉城・隈本城のあった茶臼山丘陵一帯に
城郭を築きはじめて、
2年後に天守が完成。
ちなみに、天守閣は、西南戦争の直前の火災で焼失しています。

関ヶ原の戦いの行賞で清正は肥後一国52万石の領主となった。
1606年には城の完成を祝い、
翌年「隈本」を「熊本」と改めた。
これが現在の熊本城になったそうです。

1632年、清正の子・加藤忠広の改易により
豊前小倉城主だった細川忠利が肥後54万石の領主となり熊本城に入った。


加藤清正は、
1562年に尾張(現在の名古屋市中村区)に生まれ、
幼い頃は虎之助と呼ばれた。
多くの武勇伝が語り継がれる加藤清正は、
地元では「清正公(せいしょこ)さん」と呼ばれていた。
生家は豊臣秀吉の生家に近く、
清正の母と秀吉の母は従姉妹同士であったともいわれているそうです。
豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍・七将の一人。
その後も各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国を与えられた。
秀吉没後は徳川氏の家臣となった。


DSC03327.jpg

傾斜の緩やかなこの石垣って、
何度見ても感動させられます。


DSC03347.jpg

本丸御殿の最深部にある復元された昭君之間
こんな所で、寝てみたい(笑)

DSC03350.jpg

中国の故事に登場する王昭君の絵画(襖絵とも屏風絵ともいわれる)がある。


サクラの名所としても知られており、
日本さくら名所100選に選定されています。

DSC03322.jpg

その時期に一度行った事がありますが、
それはそれは立派な風景でした。


ブログ更新の励みになります。
ポチッっと押して下さい♪

      ↓  
  

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ルミちゃんへ

なんか、熊本城ってすごいですよね。
行く度に感動します!!

それと、
久しぶりに、馬刺が食いたい、、、(笑)

Re: タイトルなし

くま五郎さんへ

おはようございます。
早速、特攻隊長、ありがとうございます(爆)

春に熊本城に行きたいですね。
部下の冷ややかな視線を横目に、
かなり気合い入れて写真を撮ってました(爆)

万太郎仙人。
そして、僕が師匠!?
僕の師匠は、みんな笑いますよ。
そう、失笑^^;;

私も熊本城が大好きです!
カメラ持ってゆっくり行きたいなぁ。帰りは熊本の美味しいもの食べて(*´ω`*)
ちなみに、私は宇土櫓が一番好きです☆

しげぇ特攻隊長お疲れ様です!
熊本城はだいぶ行ってないです
写真撮りに行きたくなりますね

しかし写真クオリティが
凄いですけど

万太郎師匠がもうすぐカメラ仙人になるから、しげぇ特攻隊長は師匠ですね(^^)

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。