1月のめんたいワイドで放送されてから、
超忙しくなったという「オステリア・ディレット」。

DSC10329.jpg
 <イカスミパスタ>
時間をずらして行ったのにも関わらず、
駐車場はいっぱい、そして席もいっぱい。
更にお客さんが待っていたりと。
店内が活気と熱気で、凄い事になってました。
2月もこの様な状態だったらしい。
所謂、商売繁盛で、嬉しい悲鳴と言うか。
でも、ツヨシシェフもちょっとお疲れ模様(><)
体調心配です。


前回は、日替りランチを頂いたので、
今回は、パスタランチと思ったのですが、
ちょっと奮発して、日替りランチコースを頼んでみた。

DSC10326.jpg

まず、前菜とサラダが来て、、、

DSC10334.jpg

その後、パスタとパンが来て。
このエメラルドグリーンのパンは、ガーリックパンです!!
お気に入りなんです♪
(ちょっと無理を言っちゃいましたf(^^;))
店長すいませんでしたm(_ _)m

DSC10338.jpg

次に、メイン。
厚切り豚肩ロースのグリルアラビアータ風。
ちょうどよい味加減と辛さ、豚肉も程よく柔らかくて美味しい。
楕円形でちょっとモチモチしていた食べ物は、ペンネよね!?
だから、今回のメインはかなりボリュームがあった(驚)


先日行った「フードギャラリー 空そら」の西頭店主から、
ペンネとアラビアータの件で、
コメントを頂きましたので、本文にアップします。

情報が耳よりでしたので、、、


フードギャラリー 空そらの『ちょっと耳より』(笑)
 ↓
『たぶん、ペンネではなく、オレキエッテだと思います。直訳すると、耳たぶ。そんな感じの食感だったのではないでしょうか?
ちなみに、諸説あるとおもいますが、なぜアラビアータが怒りなのかというと、昔、色んな人種が行き交っていた時代、流暢なイタリア語に比べてアラビア語は まくし立てる言語で、しかも、浅黒く赤みを帯びた顔立ちは、白人のイタリア人にとって、アラビア人は怒りんぼうに見えたようです。

とんかつ屋情報でした。』



DSC10344.jpg

そして、
最後にデザート。
料理が出てくるのに時間がかかったと、
お詫びでダザートW(ダブル)にしてくれて、
そんなに気を使わなくてもねぇ〜。

これで、1,350円って、お安いでしょう!!
オススメのコースです。


先ほど出て来たアラビアータ
イタリア語( all'arrabbiata) で、唐辛子を利かせたトマトソースの事です。
アラビアータをより忠実に読むとアッラッビアータとなり、
これはイタリア語で「怒り」という意味で、
辛くて食べるとまるでカッカと怒っているような顔になる
と言うところからこの呼称が付いたそうです。


DSC10337.jpg


店長もツヨシシェフも体調には気を付けてほしいですね(^_-)


店名:osteria Diletto
  (オステリア・ディレット)
住所:福岡県福岡市東区唐原1−2−1 103【地図
電話:092−410−7508
営業時間:11:00~23:00
定休日:日曜日


ブログ更新の励みになります。
ポチッっと押して下さい♪

      ↓  
  

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

万ちゃんへ

プロのツッコミ助かりました♪
大切な情報だったので、本文に追記しましたよ^^




ペンネは万ちゃんの先っぽみたいな形したやつと空目(^^;)
 ↓
> ペンネは万年筆の先っぽみたいな形したやつです。

Re: No title

くまちゃんへ

はい、『いつの間に』って感じでしょ。
福岡に居てる時は、コソコソしております(爆)
僕を捕まえるのは大変ですよぉ〜〜〜(笑)


フレンチトーストが胃に入るスペースがなくなっちゃいましたf(^^;)

Re: タイトルなし

空そらさんへ

いやぁ〜、貴重な情報有り難うございます♪
せっかくなんで、本文にこのコメントを入れますね^^

ペンネを潰した食べ物だったのかなと思ったんですが、
オレキエッテって言うものだったんですね。
個人的に好きな食感でした。

これからもプロの意見お待ちしております♪

No title

ペンネじゃないやろ!とツッこもーと思ったら既に空そら店主さんがプロのつっこみw

ペンネは万年筆の先っぽみたいな形したやつです。
だから、ペンネです。

「あ、ペンね!」とかの返しは不要ですw

No title

しげぇ達人お疲れ様です!
いつの間に!?

ここはいつ食べても美味い安い!
だから早くフレンチトーストを食べましょうね(笑)

たぶん、ペンネではなく、オレキエッテだと思います。直訳すると、耳たぶ。そんな感じの食感だったのではないでしょうか?
ちなみに、諸説あるとおもいますが、なぜアラビアータが怒りなのかというと、昔、色んな人種が行き交っていた時代、流暢なイタリア語に比べてアラビア語は まくし立てる言語で、しかも、浅黒く赤みを帯びた顔立ちは、白人のイタリア人にとって、アラビア人は怒りんぼうに見えたようです。

とんかつ屋情報でした。

PAGETOP