fc2ブログ
士は己を知る者の為めに死し、
女は己を説ぶ者の為めに容づくる

ー史記ー

【解説】
その意味は「立派な男子であれば、自分の真価をよく知ってくれて、認めてくれた人のためなら死んでもよいと思うものだ。女性は、自分がそばにいると喜んでくれるような人がいれば、その人のためにお化粧をするものだ」です。

そうゆう人にならなんとあかんな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP