fc2ブログ
名誉欲,金銭欲,物欲の薄い者は、
自分を偽り、人を罵り、高慢で役に立たず、欲深い者にも劣る。
全く使えない奴なのだ。

―山本常朝『葉隠』―

*武士道を代表する書物『葉隠』は、
享保元年(1716)現在の佐賀県にあたる肥前国鍋島藩で生まれた。
作者は元藩士の山本常朝。
二代目藩主鍋島光茂に仕え、四十二歳の時光茂が亡くなると後追いの切腹を望んだが、
光茂自ら出していた切腹禁止令のため叶わず出家。
十年後、余生を過ごしていた五十二歳の常朝のもとに若き藩士田代陣基が訪れ、
常朝の人生観や鍋島家の家訓を聞き書きしたものが、全十一巻の『葉隠』となる。


最近社長に怒られている私でした。。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP